ご挨拶

代表挨拶

“大切な人の健康を守るお手伝いをする” それが私たちの理念です。

メディウィルは、「すべてのパートナーの心身共の健康と幸せを追求し、大切な人の健康を守るお手伝いをする」ことを経営理念に掲げ、医療情報サービス事業を展開してます。

愛する人、大切な家族の「症状」や「病気」の悩みを解決したい。「大切な人」が健康で、幸せに生きていくために役立つ情報を伝えたい。こうした想いを胸に抱いたスタッフが一丸となって、日々の業務に取り組んでます。

心臓外科医の次男として育ち、幼少期は野口英世に憧れ「病気で苦しむ人達の役に立ちたい」と思っていた想いが、今の原動力になっています。

“そして2026年には10億人の人が利用する医療情報サービスの実現へ”

2006年に創業したメディウィルは、一貫して地域医療の根幹を担うクリニック専門のWebマーケティングサービス「歯科ピタ」「医者ピタ」を提供してきました。また、2014年に立ち上げた患者向け医療情報メディア「いしゃまち」 は、サービス開始2年半で月間1,000万人に利用されるサービスとなりました。こうしたサービス開発を更に進め、多様な悩みを持つ患者さんの問題解決に繋がるサービスを実現していきます。

創業20周年をむかえる2026年に向けて、世界10億人の役に立てるようなサービス提供を目指しています。そのためには、多くのパートナーの方々のご協力無しには実現できません。今後とも、みなさまのお力、お知恵、ご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2017年3月吉日
代表取締役社長
城間 波留人